SEO対策できているか?グーグルクローラーでチェックします

ホームページを公開したらすぐにお問い合わせの電話がありました。

「あのー、ホームページを拝見したのですが……」

「わたくし、SEO対策のサービスをしているものなのですが……プチッ」

SEO対策に関して「お金を払えば検索順位を1位にできる」ということがありえないということは、検索エンジンを運用しているグーグル本人が明言しています。検索結果というのはグーグルが提供する商品そのものです。それを、例えばまとめサイトだとか低品質なサイトばっかり上位表示させていてはGENKINGさんが「グーグル検索はいい情報が出ないからインスタで検索する」と発言しているような事態となり、ひいてはグーグル自体「低品質な会社」だとも思われかねません。

ダメですよね。

そうならないよう、グーグルは日々私たちのために検索システムをアップデートしてくれているわけですが、そのアップデートされていく検索システムへの対応方法(=SEO対策法)はある程度公開してくれています。ここの文面をある程度理解できるエンジニアやwebデザイナーの方が知り合いなら、SEO対策で余分な費用がかかることはないでしょう。

SEOスターターガイド

このガイドに準拠すれば、サイトを最適化する方法を十分に学ぶことができます。多くの SEO 業者や代理店、コンサルタントでは、ウェブサイトの管理者向けに次のような便利なサービスを提供しています。

  • サイトのコンテンツや構成の見直し
  • ホスティング、リダイレクト、エラーページ、JavaScript の使用など、ウェブサイトの開発に関する技術的なアドバイス
  • コンテンツの開発
  • オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
  • キーワードに関する調査
  • SEO のトレーニング
  • 特定のマーケットや地域に関する専門知識

グーグルのクローラーはこう言っています。

グーグルクローラーのSEO見解

まあ、なにはともあれ、私(=クローラー)が読みやすいようにしてくれることです。たくさん画像が使われているサイトだと、字が読めないんですよ。読めない。だから何書いてあるのかわからない。そうしたら、検索結果でそのサイトを出しようがないでしょう?「美容院」なのか「ホテル」なのか、ちょっとわかんない。私に優しくしてくれるサイトはやっぱり、検索結果に出しやすいよね。うん。しっかり書いてあれば、星とか金額もだせるのに。

こんな風に。

細かいことを言い出すとキリがないけど、やっておかなくちゃいけないのは3つ。まず、インデックスさせてくれること。次にユーザーにとってコンテンツの質が高いこと。そして検索されるキーワードをしっかり選んでおくこと。モバイルフレンドリーとかスピードアップデートとかやってるけど、まずはこれだね。これをやっておけば、検索上位になると思うよ。

簡易SEOチェック項目

①所有するwebサイトがグーグルに表示されているか?
②ユーザーに質の高いコンテンツを提供しているか?
③キーワードに関する調査を行なっているか?

AMPなりレスポンシブなりを確認する前に、こっの方が重要だから確認してみて。

①インデックスされていること

「site:自身のサイトURL」

これをアドレスバーに入力して検索してみてください。検索結果に自分のサイトが出てきたらグーグルに登録されているってことです。出てくるのが普通で、もし「一致する情報は見つかりませんでした。」とかになったらまだグーグルに登録されてないから、今すぐ登録してほしい。今の状態はネットに存在しない状態になってるから。

Google にサイトを表示するための第一歩は、Google がサイトを見つけられるようにすることです。最適な方法はサイトマップの送信です。

②高品質のコンテンツを提供すること

「グーグル クローラー」

例えばこう検索すると、私に関するコンテンツがたくさん表示されます。2018.5時点で一位にしているのは「GoogleクローラーがWebサイトの情報を収集する仕組み」というタイトルのwebページです。中を見てみても、私がどういう存在かがしっかり書いてある。こうしたページを「高品質のコンテンツ」とみなしています。もし一位になりたいキーワードが決まっているなら実際検索してみて、中身を読んでみてください。それを上回る内容のページを作ってくれたら、そのページを一位にしますので。

人を引きつける有益なコンテンツだったら、他のどんなSEO対策よりも評価しています。有益なコンテンツを作る方法というのは、例えばこんな方法。

他のサイトが提供していない、新しい便利なサービスを創造することを検討しましょう。

オリジナルの調査情報を記載する、面白いニュース記事を公開する、固有のユーザー基盤を活用するといった方法もあります。他のサイトではこのような活動を行うリソースや専門知識が不足しているかもしれません。

ちょっとプログラム的なことを言っておくと、SEO対策で大事なのはtitleタグとdescriptionメタタグです。私は主にここでそのページの内容を登録しています。ただキーワードを並べただけとか、「これは〇〇です」みたいな一般的な記述は評価しません。ばかにしないでください。読みやすく、そしてユニーク(=独自)な記述を評価します。

③キーワードを選定すること

「dmjl sssod; ss」

大規模なニュースメディアでない限り、それぞれのサイトは特定のキーワードで強さ(=検索上位)を発揮しています。まずはそのキーワードがどれだけ検索されているか調べてみてください。なかなか検索されない、というのはもしかしたら、そもそもだれも検索しないキーワードなのかもしれません。1ヶ月間で10万回検索されるキーワードもあれば、たった10回くらいしか検索されないキーワードもあります。そりゃあ、検索されないはずですよね。検索のボリュームはアドワーズで調べることができます。

adwords

ただ、たくさん検索されているキーワードはそれだけページもツワモノ揃いです。自分が欲しいキーワードと検索されているキーワード、それと検索結果に出てきたページを見て、どれなら上位に入れそうかしっかり作戦を考えてみてください。

これらをしっかり考えた後、時間があったら以下の対策もやってくれると嬉しいです。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリー テストページ

現在の主流はモバイルです。実際に2016 年後半から、ランキング、構造化データの解析、スニペットサイトの生成にコンテンツのモバイルバージョンを優先的にページ登録しています。

レスポンシブ・ウェブデザイン

モバイル戦略は現在、レスポンシブ・ウェブデザインを推奨しています。

構造化データマークアップ

構造化データのテストページ

検索結果画面で説明文以外の情報、例えば、アクセスや電話番号、SNSプロフィールなどを表示するマークアップです。

AMP

サイトでブログ投稿や商品のランディング ページなどを多数配信している場合は、AMP(Accelerated Mobile Pages)を使って実装することを検討してください。ユーザー フレンドリーに一役買い、モバイルで優先される可能性があります。

最後にグーグルから社長に、webマーケティングのお知らせ

サイトへのリンクの大部分は、ユーザーが検索や他の方法でコンテンツを発見し、そのコンテンツにリンクするにつれて、徐々に追加されていきますが、苦労して作成したコンテンツについて他の人に知らせたいという思いも Google は理解しています。

会社やサイトのオフラインでのプロモーションに努力することも効果的です。たとえば、会社のサイトがある場合は、その URL を名刺、レターヘッド、ポスターなどに必ず掲載します。また、メールを使って定期的なニュースレターをクライアントに送信し、会社のウェブサイトの新しいコンテンツについて知らせることもできます。

参考:
SEOスターターガイド

Pass On

ikeda
(いけだきょうすけ)1989年生まれ。愛知県のwebデザイナー兼プログラマー兼ライター。基本的に企画からデザイン、プログラミングまで一貫して請け負っているがイラストはへたくそ。誰かの人生がちょっと良くなれば嬉しいです。